2017年11月2日木曜日

多国籍企業向けのウェブ決済サービスリリース! Braintree




Live Commerce にBraintreeという新しい決済サービスが本日から利用できるようになりました。
日本ではほとんど知られていませんが、1つの申し込みでクレジットカード決済、Apple Pay、G Pay with Google、アンドロイドPay、Venmo、PayPalを利用できるようになっています。

現在、日本法人での申し込みはできないので、香港かシンガポールに法人があれば利用できるので、かなりの限定的になると思いますが、シンガポール発で起業しアジアを商圏にグローバルに活動する方にはピッタリです。

超少数派だとおもいますが、、今後こういった若者が出てくることを望みます!!


2017年10月5日木曜日

トラブルシューティングにおける社員の評価指標

ウェブ周辺のシステム開発現場では、日々がバグやトラブルの連続になります。
これをひとくくりにトラブルシューティングと私は読んでいますが、トラブルシューティングは人によっては3週間経過しても未だに解決していない、もしくは進展があまり見られないものもあれば、ある別に人がやった時は3時間で解決してしまったというケースもあります。

トラブルシューティングにかかった時間が3週間と3時間では天と地ほどの差がありますが、同じ人間でも仕事の進め方や考え方のほんのちょっとの違いがこれほどの差を生み出してしうのが事実です。

トラブルシューティングは、火災や災難、緊急時の避難などと私はかなり似ていると思います。こうした緊急系の事態になったときには、まず問題の本質はなにか?を正しく見極めることが重要です。しかし、緊急時には近視眼的に目先の火消し(課題解決)を優先してしまいがちですが、問題の本質を見極めなければ、火消しに当たっても大元から火消しをしない限り、何度もトラブルが再発してしまいます。

ここでは、以下のケースを想定してトラブルシューティングをシミュレーションしてみます。

1)スマートフォンのGPS機能を利用して、日本政府が提供する人口統計データをAPIを介してウェブサイトに取り込むウェブサイトがあったとします。


2)APIで取得したデータは、データベースサーバに保存し、ウェブサイト上では加工をしてグラフやランキングを表示します。

3)ある日気づいたら、ウェブサイトに全くデータが反映されていないことに気づきました。


さて、あなたならどうやってこのトラブルシューティングを解決しますか?


このケースのトラブルシューティングは早い人なら、3時間程度で解決できると思いますが、勘所の悪い人は1日もしくはそれ以上かかってしまいます。

まず、疑うべきポイントは 


  1. エラーログが出力されるような設計であれば、エラーログ周りの確認
  2. 外部サーバであるAPIが正常稼働しているか、エラーはないか
  3. 内部データベースサーバが正常に稼働しているか、SQLエラーはないか


この辺です。上記ケースは非常に小さなトラブルシューティングではありますが、これを組織的に運営しているのであれば、あなた自身がリーダーとなり、これを的確に現場エンジニアに指示する、ないしは現場が持っている情報を吸い上げ、各自の知恵を周知して問題の本質にトレースできるか、それをあなた自身がリードできるかどうかは大きな評価指標であると思います。


トラブルシューティグは、自らが先頭に立って最後の最後まで責任をもってこの問題を絶対に解決する!という揺るぎない強い心を持っていることも大事です。こうしたリーダーがいる組織というのは、たとえリーダーが間違った判断をしたとしても、現場が軌道修正をおこなってくれるので、結果的に問題解決のプロセスはものすごく早いです。

一方、トラブルシューティングに3週間もかかってしまう組織では、各自が個人商店の集まりなのが特徴的です。普段から各自のコミュニケーションが必要最低限以上はとらない個人の集まりだと、トラブルシューティングが起きた時の緊迫度が3時間で解決できる組織と比べて全く違います。

これは私の持論ですが、IT業界に限って言えば、ウェブサイトのトラブルシューティング収束までにかかった時間=その人の評価 だと思います。

トラブルシューティングを行うために、自らがその解決技術を持っている必要はないと思います。リーダーは適時それを解決できる人を見極めて指示できるかどうかです。

やはり、詰まるところとして普段のコミュニケーションの質がこうした緊急事態で火事場の馬鹿力をどれだけ発揮できるかだと思います。



2017年8月23日水曜日

高須クリニックの院長の発言に共感

高須クリニックの院長の発言で、先日ネットでにぎわっていたのですが、

https://twitter.com/katsuyatakasu/status/282627001637023744


この回答、心から共感できます。
私もブログや顧客と商談するときはよく言います。自社で実践して結果の出ないものは絶対に顧客に提案しない。自戒の意味を込めて。

2017年8月20日日曜日

フィリピンのチーム

まだ4名しかおりませんが、フィリピンのチームです。
最終日にシャングリラホテルで食事をした時の写真です。


私の隣にいるのが高校を1年飛び級し、大学を19歳で卒業した新人社員です。Live Commerceの開発・プラグインの開発をしています。

下段左が Discovery Japan のソーシャルメディアとマーケティングを担当しています。
中央がLive Commerce の開発・プラグインの開発、右がLive Commerceのテーマ開発をしています。4名の平均年齢が23.25歳ということで、当社の平均年齢を下げてくれています。

国立フィリピン大学、聖トマス大学、デ・ラ・サール大学卒というフィリピンでも最高学府の人材を当社では採用し、日々日本仕様の開発業務に従事してもらっています。


フィリピン人でも当社のミッションや理念を徹底して教え込み、フィリピンにありがちな高い給与を求めて転職をするという現地のスタイルではなく、実力の差は努力の差、成果の差は責任感の差という徹底した日本仕様をなんども言い聞かせることで、「君たちはフィリピンに居るが、ボスは日本人、日本のビジネス慣習で。」ということを言い聞かせています。一般総合職ではなく、技術専門職という私の仕事の理念を彼らには徹底して教え

IT業界では平均的な給与に比べれば高騰しています。それでも優秀な人材が日本と比べて確保しやすい市場であることは間違い無いと思います。



フィリピンのBGC

10年ぐらい前に一度きたことがあったのですが、昨日再びBGCを散策しましたが、高級コンドミニアムの建設ラッシュは未だ続いているようです。

最新のショッピングモール UP Twonには一風堂や和民など日本食レストランもありましたね。

まあ、数年以内に首都マカティを抜き、アジアでもグローバル都市となるであろうBGCは期待大です。当社もこの地にオフィスを構える予定!!







2017年8月19日土曜日

自社のカタログ

Live Commerce の最新版のカタログ請求この休みだけで相当数ありました。

私が全て監修してますので、この資料でLive Commerce のことはもちろん、越境EC全般のことがわかります。

最新版のカタログには越境ECで成功するノウハウが詰まりまくっていますから、無料ですので、是非お手にとってみてください!








東南アジアのECサイト 勢い凄い!

今回の夏休みですが、
日本 → マレーシア → シンガポール → フィリピン → ということで旅行と市場調査を兼ねて3ヶ国行ってまいりました。

Lazada と zalora はやはりすごい。
Google検索すると大体この2社の広告が表示されて、日本からのECはまだないですね。
楽天グローバルの広告がたまに表示されるくらい。

Lazada はalibabaから資金調達し、zolareはアパレルの分野で東南アジアを席巻している感じです。

シンガポールの空港でビジネス系の雑誌を買ったのですが、パートナーのHameeさんとが次の100億円企業の候補に掲載されてましたね。






ということで、私も Discovery Japan Mallをさらにアジアで有名にしてやるぞ!!
という気持ちだけはアジアスタートアップの企業に負けずに、
明日帰ります。